kennybenのラジコン船製作

趣味でラジコン船の製作過程をUPしてます。

2017年06月

今日は日曜日だから普段来ないお客さんの
まるで「旅の恥はかき捨て」のような立場の弱い人間を理不尽にいじめるバカ!
パートさんを意味無く怒鳴ってるから出ていくと「愛想の良いパートを雇え!」だって! だからジジイに買い物せずに帰れ!って言ったら店潰したるわ!だって!嬉しいなぁ~ 店潰してくれたら保険金入りますので楽できます!


くだらない心の歪んだヤツはさておき
今日から難関のハンダ作業、、、

イメージ 1

嬉しいですね~設計図あります。
優しくはありませんがあるだけ助かります。

イメージ 2

イメージ 3

今日のハンダの格闘はここまで!
ハンダしている時にフラックスがハンダで
蒸発するあの匂いが100%有害ですが
たまらなく好きです。(笑)

とりあえず船倉完成。
これ次に同じヤツは作りたくないわ(笑)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

あと未だ追加しないといけないパーツがありますが塗装後にクレーンやブリッジの兼ね合いがあるので後回し。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

船倉ハッチは船首側と船尾側では写真の実船では最大開閉角度が違うので船首側は
かなり苦労してます。(笑)
明日からマストの製作かな!

まぁ~~説明書もありませんから
完全に想像が大半です。実船の資料も肝心な所は無し、、( ´Д`)y━・~~


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

船倉ハッチも実船と同じ可動方法で
製作したので船倉入り口や可動部分は
同じ様に可動させます。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

今日はここまで、、、
また明日!

先週はamazonで買った商品が通関できず
発送元に帰ったし(笑) LEDだぜ?
違法なもんじゃないのに、、
今週はe-bayで欲しいモノをセカイモンで買おうかと思ったらサービス外の国。
相手にGoogleで翻訳した英文を送ったら
直接取引に! 相手はリトアニアって国。
私も地図で初めて知った(^^;

車のパーツです。リトアニアは日本と同じ右ハンドルだから(^^; しかし来るかな?

アメリカのLAからのパーツもちんたらちんたらして到着もしないし、、

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

船首のウインチの仮組みも終了
土台は資料が少ない為、一部想像、妄想。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

船体、キャビンも進んでますが、、
マストにLED配線をどうする!?
かまだ思案してますので手つかずです。(笑)

週刊伊400のプラモデルと思えばなかなかのキットです。( ´Д`)y━・~~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

シリーズ54から57までの作業です。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

艦首の潜舵は手動で稼働しますがせめて
これだけでも金属にして欲しかった。
真鍮板に替えて製作してくれる人が出てくる事でしょう!
私は技量がないのでスルーです。

イメージ 9

また一箇所だけ外板をはるので傷が心配です。 製作する側が飽きないようにか?
配線やカプラーの処理を丁寧にしないと
甲板を合体させる時は、、

イメージ 10

かなり配線の処理を綺麗にしないと、、、

↑このページのトップヘ