kennybenのラジコン船製作

趣味でラジコン船の製作過程をUPしてます。

2016年09月

私も建築関係の仕事で施工監理やってましたが良いよなぁ~都庁の建築課は!誰が図面を書き換え発注したのか?「ガバナンス」で終わるんだから、、、
民間で私がやらかしてたら自殺しないと収まらんけどな、、、まぁ全国そんなもんですけどね、、、


今日も福岡は朝から土砂降りです。
台風も来る予定なので憂鬱な日が続きます。今日からキャビンの組立て、、、

イメージ 1

組立ては簡単ですが隙間処理が面倒なんです。

イメージ 2

船体はざっと研磨してあんばいをプライマー吹いて確認します。
これからスポットの凹みにパテを埋めていきますかね!

連日朝は土砂降りで気が滅入ります。
店を抜け出し処女航海は何時ぞや?

タグの作業も店でFRP作業が出来ない、、、以前、事務所で塗装する暴挙を行いとんでもない事になったので(笑)

今日はこれだけ、、、

イメージ 1

昨日は薄くFRPを塗布したので本日も、、片側づつガラス繊維を貼っていきました。写真の様に真ん中に一枚置いて貼ってから細く切ったヤツラを周りに貼っていきました。本日はガラス繊維を全ての区画に貼って終了~

下記はディスカバリーTVでドイツのラジコンビルダーの一場面です。
今回はラジコン船対決でした。

イメージ 2

テレビの撮影は難しい、、、

イメージ 3


イメージ 4

途中でうたた寝したので内容は再放送見ます^_^;

今日は朝から土砂降りで一日中降ってます。朝から会議も鬱陶しい後ろ向きなヤツが足引っ張ってます。
差別主義者じゃ無いので左向きも健全に仕事に打ち込んでくれたら何も言わ無いが後ろ向きなヤツは要らない!


雨と湿気でFRPも塗りたくっただけです。明日まで放置。


イメージ 1

板張りは外見は修正出来るので実は内部が綺麗に見えるように無い頭で考えて

イメージ 2

キット船なので中を見た時に板張りを感じれるように、、、

イメージ 3

突き出た釘もFRP塗りたく前に全て抜きました。

タグボート製作しながら1番船の貨物船の運搬ケースを兼用出来るように改良。

イメージ 15









下は昨日晩、ケーブルTVでやってた
最新鋭艦船シリーズ



インデペンデンス号です。
時速80km以上で海上を爆走してました。

イメージ 1



イメージ 19



イメージ 2



イメージ 3



イメージ 4

普通の艦船より波の影響を受けやすい船体の為、ヘリの離発着艦は難しいそうな

イメージ 16

くちばしみたいな外見です。

イメージ 5

これも新しい艦だったが
名前忘れた、、、(笑)

イメージ 6



イメージ 18



イメージ 7



イメージ 8



イメージ 9



イメージ 10



イメージ 11



イメージ 12

ガスタービンのジェット推進が二機

イメージ 13

ちょっとの波で離発着が出来ない。

イメージ 14

艦が揺れやすいのでヘリ発艦ギリギリまでヘリは艦に固定されてました。

イメージ 17

艦底が特殊な形状で海中に入っている面積が少ないぶん速度はでるが嵐にめっぽう弱し、、、波が出れば艦内は凄く揺れてました。見てて気分が悪くなたわ!

昨日、誤爆により予想外のタグボートを
買ってしまいましたが到着後30分ぐらいで竜骨組み開始。

イメージ 1

魚の骨のようになりました。

イメージ 4

材木がレザーカットされているのでさくさく進みますがな!

イメージ 2

面倒くさい作業はクランプで固定。

イメージ 3


イメージ 5

下に写っているのは昔、昔、ディアゴの帆船作った時の付録の釘打ち機です。

イメージ 6

釘は後から削り倒すので気にせず打ち込み、、、

イメージ 11


イメージ 12

ガンガン板貼っていきます!

イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10

船尾の曲線美を考えながら一応貼ってますわな、、、

イメージ 13

そんで板張り完了じゃな!
明日は内側にFRP塗りたくってから船体を削りたおします。
建築の時から使っている木工ボンドは乾燥時間が早いのでなかなか頼もしいヤツです。   ?

イメージ 14


↑このページのトップヘ